「倉持由香、高級タワマンに引っ越したってよ」過去に住んでた部屋も公開にファン歓喜!!


この記事は私がまとめました

もっちー大好きなのでまとめました♡

takadaiohsさん

13年越しの夢叶った週プレ表紙

愛称 もっちー、「グラドル自画撮り部」部長
生年月日 1991年11月6日
出身地 千葉県
血液型 B型
身長 167cm
スリーサイズ 84-58-100cm
趣味 漫画喫茶通い、ゲーム、食べ歩き、競馬、麻雀
特技 イラストや漫画を描くこと、足でファミコンをすること(スーパーマリオを8-1までクリアできる)

グラビアアイドルの倉持由香が、2017年11月27日発売の『週刊プレイボーイ』の表紙に登場。「1週間以内にSNSで100万いいねもらったら表紙」というプロジェクトに挑み、見事に達成して念願の『週プレ』初表紙をゲットした。

倉持は自身のブログで「コンビニに自分が表紙の週プレが並んでるなんて夢みたい!!『コンビニで目が合う存在になりたい』と思ってこの世界に飛び込み、13年目。ここまで来るのにかなり時間が掛かっちゃいましたが、途中で腐らずに続けて来て本当に良かったと心から思います!」と語っています。

週プレ酒場での「100万いいねプロジェクト達成!倉持由香大感謝祭!!」にて、これまで背負ってきた思いを涙ながらに吐露する倉持(左から菜乃花、鈴木咲、倉持由香)

苦労人の倉持由香は間違いなく、売れるべくして売れた

グラビアアイドル苦境といわれ、雑誌の表紙をグラドルが飾れない状況を「#グラドル自画撮り部」などのムーブメントで打開しようとしている倉持由香。

ーまず、倉持さんはもう芸歴14年目なんですよね? ブレイク以前のお話を教えてください

出典r25.jp

「地中にいるセミ」を表現する倉持由香

「いま14年目なんですけど、9年ぐらいは仕事がなくて闇の中にいました。セミでも7年ですからね。セミより長く地中にいたと(笑)。その時代はオーディションで、「売れるわけがない」「売れる要素が見当たらない」って言われつづけてました。」

ーやっぱり結構ツライ時期だったんでしょうか?

「そうですね~すごくイヤだったのが、飲み会で格ゲー好きの仲間とかに「いつまで地下アイドルしてるんだよ!」みたいにイジられてたこと。“売れてない”ことをバカにされるのがすッッごい悔しかったんです!「覚えてろよ」ってずっと思ってました。『デスノート』みたいに「絶対見返してやるリスト」まで作りましたからね(笑)前の事務所の社長からも、ずっと「下半身デブ」って言われてたんですよ。「お前は太モモも太いし、デブ、デブ!」って。その方も「見返してやるリスト」にずっと入ってますね(笑)いまの私を見て「グギギ…」ってなってればいいと思います。」

ーそのころはどういう生活をしていたんですか?

「事務所に住み込みしながら働いてました。お茶くみとかコピー取り、先輩のカバン持ち、事務所のサイト制作とかもやってましたよ。寝るのは事務所の台所の前の“板の間”で、ドンキで買った寝袋で4年間寝てました。それもすっごく悔しくて。「見てろよ! 絶対自分の稼ぎでタワーマンション住んでやる!!」って思ってました。」

ー倉持さんのビジネス的な才覚はどこで身につけたものなんでしょうか?

「私、すごいヒマだったんですよ(笑)。お金がなくて1人暮らしできなかったとき、渋谷の「アプレシオ」っていう“みそ汁飲み放題”の漫喫でネカフェ難民してたんです。そこで「どうしたら売れるか?」って毎晩毎晩1人で考えて、それをノートに書きためてたんですね。その頃の苦労がようやく報われるようになったなって、いまは思ってます。」

そんな倉持由香がついに念願のタワマンに引っ越した

「春は引っ越しの季節ですが、私も2月中旬に引っ越しました!今回は私の新居を初公開しちゃいます。間取りは70平米ちょいの2LDKです。「いつかあのマンションに住むぞ!」と目標にしていた物件なので、ようやく住めて感無量です。」

「広々としたリビング。床が白かったのが決め手でしたね。同じ間取りで別の階に茶色い床もあってそこも空いてたんですけど『白い方がいいです!』って。ゴミが目立つから掃除をマメにしないといけません。カーテンはオーダー中なので前の家のものを仮で使ってます!」

「マネージャーさんからは「正気!?なんで収入を住居に全振りするの!?家賃なんて安ければ安いほうがいいのに!」と言われてます。どうしてそこまで家賃にお金をかけるのかというと、答えはシンプルで「家が大好きだから」。本当に家から出ないんですよ!仕事現場には直行直帰だし、休みの日は家から一歩も出ないし、友達にも遊びに来てもらうことが多いので。外に出ないから飲み代や服代が掛からないんです。」

家にいる時間が一番長いからこそ、家にお金をかけたい

白い床に合わせて家具も全部白で揃えました。カードでいっぱい決済したら今月の請求額がヤバイことになって…調子に乗って家具を買いすぎました。

「15〜18歳の時は前の事務所で住み込みをしていたんですが、ずっと事務所の床で寝る生活をしていたんです。台所の冷たい床の上にドンキホーテで買った寝袋で。腰も痛くなるし、熟睡できないし、それが悔しくて悔しくて。 その時に「絶対いつか自分の稼ぎでタワーマンションに住んでやる!!!」って決めて。広い部屋への憧れはそこからですね。」

台所で寝ていた私ですが、ようやく食洗機や生ゴミを勝手に処理してくれるディスポーザーまで付いている豪華な台所のお部屋に…。

-Uncategorized

×
女性ホルモン