炎上キャラは卒業?実は性格美人だったおのののかの好感度が上がりまくってる


▼バラエティやグラビアで大活躍中のおのののか

昨年は「番組出演本数ランキング」で2位に輝くなど、その活躍はとどまるところを知らない。

▼現在はドラマ「そして、誰もいなくなった」に出演中で、女優としての活動も増えている

2014年に『ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~』(TBS系)で女優デビュー、その後も映画『呪怨‐ザ・ファイナル‐』(2015年)では物語のカギを握る重要な役どころを演じ、最近ではNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』にも登場。

▼そんな彼女は、「炎上タレント」としてバッシングを受けることも多い

▼26日の「さんま御殿」でも、東京23区外出身者をバカにするような発言で物議を醸した

26日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、タレントのおのののかが、東京23区外出身者は、テラス席に好んで座るという持論を展開する一幕があった。

おのは「23区以外の人たちって、ごはん一緒に行ったときにやたらテラス席に座りたがるんですよ、みんな」と発言。さんまは膝から崩れ落ちながら爆笑し、「おのののか、バカにしてるやろ」とつっこんだ

「熱い寒い関係なく、外で食べたがる人がいる…外で食べてる自分が好き、というイメージです」と自信満々に持論を展開

おのののかさん田舎のこと馬鹿にしすぎじゃないですか(^-^)

▼しかしそんな彼女が、26日に放送された「ヨロシクご検討ください」の企画で、性格美人に認定された

26日放送の『ヨロシクご検討ください 2016年上半期!芸能界の闇を世直しSP』(日本テレビ系)に出演したおの。

番組では、おの、菊地亜美、中村静香、矢口真里、道端アンジェリカの芸能界で活躍する美女5人の打ち合わせの様子を隠し撮りチェックし、「性格美人は誰か」を6つのチェック項目で判定。唯一パーフェクトを達成し、見事“性格美人”に認定された

丁寧にアンケートに答え、局の廊下の端を歩き、倒れているぬいぐるみを元の位置に戻し、目の前で指先を切った番組スタッフにすぐさま絆創膏を手渡す。これには男性陣から「理想の結婚相手!」と絶賛の声があがった。

▼これを見た視聴者たちからは、絶賛の声が相次いだ模様

おのののかっての、本当に性格がいいんだな(*´-`)

-Uncategorized

×
女性ホルモン